仕事 思想

移住計画

私は数年前からあと10年以内には海外へ住居を移す為に準備をしています。根本的な海外移住の目的は、楽に生きたいって事です。毎年冬に寒いのも嫌だし、バタバタするのもなんか少し疲れてしまって、もっと人間らしく生きるにはどうするべきかと真剣に考えてました。まず私の希望する条件から移住する場所を考えました。

  • 常夏な場所。暑いのはいいけど寒いのは本当に嫌いです。
  • 英語が通じるところ。私は英語は日常会話レベルなら問題なく喋れるので、そのほうがこれから新たな言語を学ぶよりかは楽かなと思いました。
  • 日本より物価が安いところ。今そんなに贅沢をしているわけではないし、生活レベルを落とさずに済む。単純に今までの貯蓄やこれからの所得が低くても楽に生活が可能です。

フロリダとかその下らへんのジャマイカとかの島国いいなと思ってたんですけど、日本から行くのがまず遠すぎてしんどいな~って感じで却下しました。日本にもたぶん少し仕事が残るので比較的早く帰ってこれる場所がいいなと思い、結果的に東南アジアかなと。グァムとかハワイは生活費がかかりそうなので却下しました。で、色々調べていくと英語がほぼ皆喋れると言われるフィリピンが結局消去法で残りました。実際にフィリピンへ仕事も作り、今後の為の下見に何度も行きました。嫌な面も良い面も両方見えたのでその辺も書いてみたいと思います。

まず良い点は、私の条件を全て満たしているところです。気候は暑いし、英語はまあ100%ではないけどもだいたい通じます。コミュニケーションに困ることはなさそうです。あと物価は物によっては日本の方が安い物もありますが、まあだいたいのものはこだわらなければ安いです。あと暑い国なので、基本Tシャツにハーフパンツで、ビジネスの場でもポロシャツくらいだし、洋服にお金がかかりません。そもそもの洋服の金額も日本より全然安いです。渡航に関してもビザもいらないし、日本からもマニラまでだとたったの4~5時間程度です。毎日便があるので日本に何か急用があればすぐに帰れます。

食べ物は基本的に体に悪そうな物が多いです。オイリーで大雑把な料理が多いことと、あまり野菜を食べる国ではないようです。辛くないしまあそれなりに食べれるでしょう。外食でも最低レベルのレストランだとだいたい2~3品たのんで2,3百円で食べれます。あとお酒やタバコも日本よりは安いです。家賃も選ばなければ、1万円以下から借りれます。ただ電気代だけは日本と変わらないかそれより高いかもしれません。あと車は日本より少し高いです。

悪いところは、マニラ近辺だと空気が悪いところが多いです。まあこれは田舎に住めばいいんですけど、なるべくなら都会に近い田舎のほうがいいなと思ってます。あとマニラの近くはほとんどタガログ語を喋るので、みんな英語もわかるけどタガログ語も覚えておいた方が友達とかできやすいだろなと思いました。それと日本人を見るとお金目当てに近づいてくる人もいます。また銃社会なので日本よりは警戒しないとダメです。まあだいたいこんなところですが、いい意味でも悪い意味でも日本人よりはすべてにおいて適当なのでそれに合わせれるように自分もアジャストしていかないとどちらにしても移住はむつかしいだろなと感じました。

私の計算と、知り合った人やネットでの情報をもとに考えると、1ヵ月に20万円の収入さえあればそこそこの生活が可能という事がわかりました。一番大事なのは生活できる事ですよね、つまりお金が生活する上での大きな要素となります。例えば月30万とかそれ以上の収入があれば、お手伝いさんを雇ったり、運転手を雇ったり、もっと良い場所に住んだりと色々いくらでも便利で贅沢も可能ですが、急に収入が何かの理由で無くなる時に困るのも嫌なのでとりあえず、資産と不労所得を増やしておくことに専念したいと思います。

先日も少し書きましたが、フィリピンへもう行ってしまってコールセンターなどで20万くらい稼いで気兼ねなく働くのもいいのですが、私はもう少し日本で稼げる方法を編み出して時期を見て必ず自分のリミット内で移住したいと考えてます。

    -仕事, 思想
    -, , , ,

    Copyright© ポジティブメンタル , 2020 All Rights Reserved.