思想 情報

メディアの変わり目

つい30年くらい前までは、ゴールデンタイムでは野球、よくに巨人戦は毎日のようにやってました。徐々に変化し、今では地方局やケーブルテレビ以外はほぼ野球中継はやらなくなってしまいました。家族団らんでテレビを囲むといった時代はほぼ無くなったのではないでしょうか?音楽業界は、今までレコードやテープからCDやMDなどの電子媒体となり、今では月に数千円払うだけで音楽は最新のものまで聴き放題といった状態です。アナログの唯一突破口だったDJもCDJが普及していき、現在では電子媒体を使うDJがほとんどです。もちろん毎朝取ってた新聞もそうですね。今ではそういう紙媒体も少なくなってきました。

色々理由があると思いますが、結局は子供も含めて一人一つのスマートフォンを持ってしまった事が大きな要因です。これに伴い、人は情報の選択をすることが可能となりました。例を挙げると、ゴールデンタイムに野球中継をしない=野球人口の減少。個々に端末からサッカーやバスケなど自分の好きなスポーツだけの情報収集や観戦が可能になりました。

最近の子供はテレビを見ない子が増え、YOUTUBEで自分の好きな動画を見るのが主流になっているようです。そしてお笑い芸人やアイドルがYOUTUBEに出るようになり、そしてそこで力を入れるようになりました。更にはコロナウィルスの影響により、ライブやコンサート、劇場公演が出来なくなってそれを加速させてるような気がします。

テレビ離れは徐々に起こるだろうとは思いましたが、ほんとにこのコロナの影響で加速してしまってると思います。

今後は、更にテレビ離れが加速し、YOUTUBEやネットフリックスなどのほかのメディアへ移行するでしょう。テレビ制作側に来ていた広告費等は激減し、それも分散化して他の媒体へ移行すると思われます。芸能人のみならず、個々に我々も含めて発信力を要するのでメディアは大混戦となるでしょう。もちろん一個人が、大手やアイドルや芸人と勝負するのはむつかしいですけどね。それでも今までのように、数社が独占していたメディア業界の構図は衰退~解体~分散化されるのではと思います。テレビが衰退するのは、何か悲しい部分がありますが、今後どのように変化するのか楽しみです。

色々な要因でますますあらゆる事柄の変化が加速化しています。我々もこういったことに敏感になり、常に対応できるよう努力しなければならないと思います。そしてそういった分散化される時はなんらかのビジネスチャンスになると思います。

    -思想, 情報
    -, , , ,

    Copyright© ポジティブメンタル , 2020 All Rights Reserved.